Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
終わった終わった
0
     お疲れさん!  ← ジブンへ一声

    昨年の震災から一年越しの舞台が終わりました。
    約一週間の稽古で再練り直し
    濃〜〜い稽古で、大変でしたが
    お客様の笑顔と楽しんで頂けたという沢山の声を聞いて
    疲れも飛びました・・・
    見に来て頂いた皆様、応援して下さった皆様
    本当に有難うございました m(__)m 

    千穐楽は3月11日
    その時間は本番中でしたが、公演後舞台の上でしたが
    お客様と共に黙祷させていただきました。


    さて・・・
    今日はあまり見る事の無い舞台裏をご紹介 


    「シアターχ(カイ)」  両国

    観客の入る前。舞台から見た様子 



    今度は客席側から見た舞台 
    照明が入っていないので暗いですが・・・セットは殆どありません



    舞台右奥に長唄を唄う方、三味線を弾く方が座ります 



    ここは舞台左奥
    鳴り物さんが座ります
    大太鼓で海の波の音(様子)などを表現
    山から吹き荒ぶ音なんかも太鼓で表現します 



    舞台の真裏です。
    本番が始まると真っ暗け
    すこ〜しの明かりで、次の出番を待ったりします 

    おまけ ↓

    楽屋でのワタシ 

    贅沢に一人で占領
    衣装に着替える前にジブン撮り
    今回はメイクが楽でした〜

    そして

    この期間・・・
    お仕事も休んでの女優業・・・
    夫君の協力無しでは出来ませんでした

    ありがと

      
           
    posted by: かがり | お芝居の事 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    やりまっせ〜
    0
      藤戸フライヤー

      3月9日10日11日の4ステージ

      両国のシアターΧ(カイ)にて

      「藤戸」 堀川登志子・作・演出 です

      この作品は昨年上演予定でしたが、本番直前にあの震災・・・
      まだ余震もありましたし、電力の使用制限も。
      で、やむなく長期の延期となり今回の上演となりました。

      さぁ本番!という時だったので
      一年経ったこの時期に、再びモチベーションを上げられるのか
      わが身が心配・・・なのです 

      とても難しい役を頂きまして、お稽古もかなり苦戦!
      あぁ〜、アタシって・・・今まで何やってきたんだ?
      なぁ〜んて、落ち込む毎日でした、お稽古しながら。
      でも、なんとかかんとか形にして気持ちも上げ上げで・・・

      そこへ、あの地震でした 

      内容は少し難しそ〜と思う方がいると思いますが

      戦の為に利用され殺された夫・・・
      その夫を思い思い、心を病んでしまう妻を演じます
      ・・・ね
      そう聞くと、そんなに難しそうじゃないでしょ?

      ご興味のある方は是非見にいらして下さい 
       
      posted by: かがり | お芝居の事 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      伝えるコト
      0
         ベテランアイドルグループが海外でのコンサート
        それが話題になっている。
        その国の言葉でも数曲歌っているとか…

        数年前、山本周五郎の「ひとごろし」という作品を持って
        ボストン・オックスフォードで上演した事があります。
        小さな劇場やら、田舎町の公民館みたいなトコやら
        大学の講堂なんかでもやった。
        題名は当時の時勢にちょっと過激過ぎ?たので
        「THE Cowardly Samurai-ひとごろし」とした
        臆病な武士?
        一時間ちょっとの短いお芝居
        セットも照明も特に無し
        ちょっとした効果音は俳優が出し、台詞以外は
        無対象…物がある様にお芝居をします。
        で…
        一番大変だったのが台詞
        全て「英語」 (◎-◎) そう英語劇です。
        ワタシは英語が大の苦手なので、このお話を受けた時も
        「無理デス…絶対に無理ですって!」
        「まだ一年あるから大丈夫、やって」←演出家
        「一年デスか…ムムムム」
        この言葉でOKしてしまいました
        なんとか台詞を丸暗記し、発音をイギリス人の方の
        指導を受けながらの稽古です。
        英語は英語でしかありませんから、どうにかなりますが
        一番苦労したのが
        時代劇に言葉は英語ってトコロです。
        英語の発音って音の強弱のポイントで意味が全く
        伝わらなくなってしまう…と毎日言われ続けました。
        でも、日本語だとその言葉のココには力は入らないのよ〜
        感情の入れ方に最後の最後まで苦悩し
        結局納得が行かないまま本番でした。
        英語の先生曰く
        「英語の苦手な日本人が一所懸命英語に挑戦してる!
        って暖かい目で見てくれるから多少の発音の違いでも平気」
        「そ・そうですか…」 なんだかなぁ
        周五郎の「ひとごろし」って作品の内容はとても素晴らしくて
        このコトはいいのか?と。
        海外では着物着て刀みたいな物を振り回していれば喜ぶの?
        …実際ちょっとそうでしたけどね…

        どうして、この素敵な作品を日本語でやらないのかしら。
        日本の心根や心情や思いみたいなものが
        ぎゅ〜っと詰まった小説なのだから
        海外であろうが日本語で伝えるべきではないかしら?
        と、ずっと思っていました。

        結局数ステージやらせて頂きましたが、私には上手く演じる事は
        デキマセンでした。自分でも未消化状態(しょんぼり)
        でもお客様にはとてもウケが良かったデスヨ…。

        他にも海外公演での苦労はてんこ盛りでした
        まだまだある苦悩話は、また別の日に
        聞いていただきますデス、はい。

               


        posted by: かがり | お芝居の事 | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        残念ナコト
        0
           先日観劇した前進座のホームページ
          巡業(全国公演)の多い彼らが日々を綴る
          公演便り(ブログ)なんかもある。
          先日観た、夢千代日記のメンバーのブログについて。
          物語の中に中学生の女の子の役があった
          芸者の母とその仲間達と暮らす純粋無垢な女の子
          そんな中学生を演じる女優さん…。
          可愛いかったですよ、とっても。
          ブログに掲載されている写真の中に
          オフの日に他のメンバーと一緒に食事をしている姿が。
          和気あいあいで楽しそうデス
          でもね…
          ビールのジョッキを片手に笑っています。
          「…あらま…」 ワタシはちょっとガッカリ
          どうしてだか分かりますか?
          中学生役の女優さんがビール片手に…
          「自分の中学生時代を思い出して役作り…」
          なぁ〜んてコメントまでありました 
          コレね…写真を載せた方に問題ありだね
          あぁ、あれは大人が演じてる中学生なんだな…
          ってそりゃ思いますよ。観客はね。
          でもね、色々な人がこういうブログは見てますよ。
          老若男女に見せたい作品な訳なんだし。
          ハッキリ言って
          「興醒め」でした
          役のイメージって大切なんですよ、俳優は。
          辛口かもしれませんが、ワタシはイヤですね〜
          真面目なんだね、アタシってば
          あ、酒飲むなって言っているんじゃありませんから。

               

          posted by: かがり | お芝居の事 | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          体力
          0
             以前在籍していた劇団のブログを見ていたら
            当時の後輩女優さんが(現在も彼女は在籍)
            急遽、病欠しなければならない役者の代役を務めるとのコト
            その劇団には「青少年劇場班」というのがありましてね
            全国の子供達に向けて色々な演目を届けている。
            私も在籍当時は殆どこの「青少年劇班」で舞台に立っていた。
            音楽劇もあったりして、飛んだり跳ねたりと演目も多く
            一年中全国を飛び周っていました。
            そんな青少年劇場班の主演を代役するというH.Yちゃん
            若手がやっていた役だけに、久し振りのハードな稽古は
            大変だったとか…
            でも、彼女もちょっと前までは青少年劇場班では殆どが主役。
            年令とともに、最近は脇役にまわっていたようだ。
            で、ここへきての代役…とは言っていも数回の代役ではなさそう。
            稽古を重ねて、福島を含む東北への公演に旅立って行った。

                  

            そんなブログやら、彼女からのメールを読んで
            とても羨ましい…と思ったワタシ( -.-)
            週末にはなんだか疲れてグッタリなワタシ
            情けないやら、もどかしいやら…
            カラダのメンテナンス見直さないといけませんな

            ガンバレYちゃん!東北の子供達に勇気と笑顔を!
            ついでに、ワタシもガンバレ〜 

                  





            posted by: かがり | お芝居の事 | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            せんぱ〜い
            0
              私が前進座という劇団にいた頃
              とても憧れていた先輩がいた
              前進座は子供向けの音楽劇などもやる時があって
              私もそんな舞台が多かった。
              その先輩は(女優)キレイ…でした
              歌も上手いし、ダンスも上手い 
              色白で普段はスッピン!勿論お芝居も上手かった

              私が入団して一年ちょっと後くらいに
              同じ座組み(同じ作品に出る)になり、旅公演もあったので
              いつも彼女を観察(?!)してました w(゜o゜)w
              本番前のストレッチや発生練習など観察しまくり
              いつも真似していました(ス・すと〜か〜かっ!)
              さすがに、スッピンは真似できまへんでした

              でも、残念ながらその数ヶ月後に彼女は退団してしまいました。
              先輩でしたので、すご〜く仲良しになれる訳でもなく
              当時は携帯も無かったので、アドレスを交換なんて無いし
              ガッカリしたものです 

              それからは、退団後の彼女の演劇界での活躍をいつも
              チェックしていました。
              レ・ミゼラブルに出演したり、キャッツに出ていたりと
              到底私には踏み込めない世界で活躍している彼女。
              羨ましくもあり、嫉妬もありで
              私の永遠の憧れの先輩的存在なんです。

              最近では舞台情報を見ても彼女の名前を
              見かけなくなったので、辞めてしまったのか?と
              思っていました 

              そんな時今回の大震災の関連で
              森久美子さんのブログを拝見していたトコロ
              森さん所属の事務所に所属している彼女を発見!
              (ケイセブン中村屋)

              わぁお〜 
              写真も載っていました…変わっていません
              憧れの先輩女優は健在でした。
              いつか何処かで同じ舞台なんかに立てるか?
              ん〜その確立は低いが…
              大体、ワタシを覚えていないカモ…

              いいんだいいんだ
              元気でいてくれたのなら
              それでいいんです〜
              応援してま〜す
              でもって、ワタシもぐゎんばりま〜す 

                    
              posted by: かがり | お芝居の事 | 11:06 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
              今回も…
              0
                 月曜日、火曜日、舞台のお稽古でした。
                この二日間は「読み合わせ」です。
                座ったまま、台本を読み合わせる稽古です

                でも、出演者の一人が欠席でした。
                なので、代役で読んでもらい稽古です。
                稽古によってはこの「読み合わせ」の時間をたっぷり取るのですが
                今回はこの二日間だけ(ーー;)
                全体の稽古時間も短いので、仕方が無いんですけどね

                少し時間を空けて(スケジュールの都合ね)
                次回からは動きをつけながらの「立ち稽古」です

                これを続けて行くうちに、衣装が決まったり音楽が決まったり
                舞台美術、照明が決まったりとどんどん形になっていきます。
                役者もスタッフも真剣勝負 
                入場料、交通費を使って見に来てくださるお客様の為に
                誠心誠意、命を懸けて作り上げていきます 

                いやいや…
                そこまでの気持ちが無ければ良い物はできません

                普段は接骨院のスタッフもやっておりますので
                この期間少々留守にしてしまうのがちょっと心配なのですが
                なんとか協力してもらい、頑張りたいと思います m(_ _)m

                前回の公演では、稽古含めて3埖僚展困辰燭らな…
                今回もそれぐらい減りそうな予感っす 

                「声」出すと、いいダイエットになりますよ (^^ゞ
                posted by: かがり | お芝居の事 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                その時
                0



                  写真は父がやっている訪問介護の利用者さんへの
                  お誕生日カードです
                  小さな挿絵と言葉を手描きで書いています。
                  これを毎月のお誕生日にお渡ししているんです。
                  (毎月7〜8名分作っています)
                  喜んでくれてるかなぁ〜
                  posted by: かがり | お芝居の事 | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  心構え
                  0

                    今月の末からお芝居の稽古に入ります
                    そろそろ気持ちも、「役者」モードに…
                    と言っていも 
                    日中は接骨院のお手伝いだから、あくまでもまだ「気持ち」

                    休憩時間を使って台本に目を通したり
                    公演の案内状を作ったり

                      

                    久しぶりの「俳優業」なので緊張もするけれど
                    どちらかと言えば、楽しみっす 
                    今回は前回同様「和物」なので、稽古は着物だし
                    本番も和装。
                    お芝居も現代劇風(?)ではないので
                    台詞の言い回しもちょっと難しいデス 

                    愛しい愛しい夫を殺されて狂い錯乱する
                    そして、夫を殺めた相手を追い詰める…

                    ↑ 文章にすると凄いな…((((((^_^;) 

                    前回は姉弟とで愛しあってしまうという心中物でしたが
                    今回は歴史上の話も絡んでいますし
                    戦乱の時代に虫けらのように殺された男の家族の嘆きと
                    殺めてしまった武士の嘆き…
                    両方の気持ちがぶつかり合うお話 

                    今の時代にも置き換えてもありそうなお話なんです

                    「浄瑠璃」ナンテ聞きますと
                    いや〜難しそう〜と思われがちですが
                    そんなコトはあ〜りません 

                    だって…ワタシが演じるんですからぁ (^^;; 

                    若い人にも…いや老若男女に見て頂きたいんです

                    あれ?
                    役者心構えを書くつもりだったのに… 

                    じゃ、それは次回に 

                    posted by: かがり | お芝居の事 | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    宜しくです
                    0
                       舞台の経歴に3月の舞台のお知らせを載せました

                      …と言うか…夫君が載せてくれました


                      「唄浄瑠璃狂言」?何だか難しそう?

                      そんなコトありませ〜ん

                      音楽は、お三味線・太鼓・などの邦楽の生演奏

                      勿論、長唄も「生唄」です。しびれる唄声デス

                      出演者も、前進座、俳優座、そして立花流宗家の立花寶山氏!

                      ウルトラベテラン勢でしてね…

                      ワタシ自身がうきうきしてしまう位なメンバーなんです。

                      今回は女優が一人きりの参加なのでこれ又ドキドキもの。

                        

                      ご興味のある方は是非見にいらしてくださいませ〜

                      ココでもチケットなど受け付けておりま〜す

                        
                      posted by: かがり | お芝居の事 | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |