Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
憧れの人
0

    どうしてこんな事が起こるのだろう

     

    前進座に在籍していた時の先輩、今村文美さん。

    私の退座が分かった時に

    この先輩だけが涙を流してくれたんだ

    松谷みよ子作「オバケちゃん」という芝居でコンビを組んだ。

    私がオバケちゃんで文美さんがノンちゃんという役。

     

    二人とも子役。男の子のオバケちゃんと

    人間の子、ノンちゃんとの話。

    全国公演。

    「随分太ったな、ノンちゃん」←舞台上の感想

    そうそう、この時は親知らずが痛くて腫れてたんだっけ。

    え〜〜って感じだったのを良く覚えています。

     

    舞台を降りると、本当に可愛くて色ッぽくて艶っぽくて

    本当に好きだった。憧れていた。

    私は前進座を辞めても、文美さんが出る舞台は出来るだけ見に行った。

    いつも、どんな舞台も綺麗で艶々していた。

     

    相変わらず綺麗だね〜可愛いね〜と毎回声を掛けると

    恥ずかしそうに照れくさそうにニッコリ笑っていた文美さん

     

    劇団を辞める時に何かプレゼントするから、何が欲しい?と聞かれた。

    当時は誰だって薄給の中で生活していたのに私は

    「楽屋で着るガウンが欲しい」と図々しく言った。

    へ?っと少し驚いていたけれど、プレゼントしてくれましたね。

    言った本人がビックリしたのを覚えています。

    何度も着てクタクタになっているけれど、今でも大切に持っている

     

    辞めて何年も経つのに

    私の思い出は鮮明なのである 思い出は沢山ある

    心にいつまでも残る 残っている

     

    文美さんがもういない

    けど、もっと近くにいるようになっただけなんだね

     

    でもさ、もっと見たかったよ

    ノンちゃん

    posted by: かがり | いろんなこと | 15:10 | comments(0) | - | - | - |